浦安の歯医者、坂田歯科医院のお知らせです

お支払いについて

当院では現金でのお支払いのほか、自由診療(1万円以上)の場合は、カードでもお支払いただけます。

ご利用いただけるカード

ブログ

2007年 04月
嬉しい事・ショックな事 2007.4.30(月)
<嬉しい事>
本日内装のガラスが入りました。想像以上に素敵な仕上がり(自己満足ですが)で、本当に嬉しかったです。

独立に至るまで、医院の構想を練る時間が比較的多くありました。
家族揃って街で「おっ」と思うおしゃれな建物、綺麗なものを見つけては「いいねぇ」「これは何の材質なんだろう」というのが合言葉のようになっておりました。
院長に至ってはコンビニエンスストアに入るなり床にしゃがみこんで「この大理石の色は・・・」とチェックしたり、東京駅の壁をトントン叩いて「この壁いいねぇ」とかなり怪しい行動をすることも。。当時3歳になったばかりの息子もいきなり道に座り込み、アスファルトを叩きながら拙い日本語で「ココノガラシュカコイイネェ(このガラスかっこいいねぇ)」と発する始末。。。

小さな個人医院ですが、全てのものに自分達なりのこだわりを持ち、内装業者さん、メーカーさん等周囲の方々へ多大なるご迷惑をお掛けしながらもうすぐ開業の日を迎えます。

<ショックな事>
本日大変な事に気づきました。当医院のロゴマークが近くの建物のシンボルマークと同じ植物のモチーフであったこと。。。
全くのリサーチ不足でした。
これまで度々そのシンボルマークを目にしていたはずなのに、遠目に見ていて、全く違う植物の花のモチーフだとばかり思い込んでいました。

早速、このロゴマークを発案頂いたデザイナーさんへ相談の電話を!!
『全く酷似しているという状況ならば、考え直さなければならないかもしれないですが、この場合は(100%ではありませんが)大丈夫だと思います。』という内容の見解を頂戴し、少し安心しました。
しかし、今後同様な事でトラブルを招き、周囲にご迷惑をお掛けしてはいけないので、今後の対処方法を専門の方へ相談することに致しました。

当院のロゴマーク決定に至っては、以下のようなエピソードがありました。
数年前より独立を意識し始め、関東〜東海まで、さまざまな物件を自分達の足で探し、ここ新浦安にご縁があって開業を決定しました。
初めてこの地に降り立ち、息子を近くの公園で遊ばせた際に見つけた四葉のクローバー。何だかとても良い予感がしました。。

将来、何かマークをつけるとすれば、植物をモチーフにしたいと思っていたので、「初心忘ることなく仕事をしていきたい。」この思いからクローバーにこだわり、デザイナーさんへモチーフ作成を依頼し、SakataDentalClinicの頭のアルファベットをとり、このマークが出来上がりました。

ですから、決して模倣したとか、安易な決定ではなかったことだけはご理解いただけたら・・・と、長くなりましたが一文書き添えさせて頂きました。(コメント:坂田妻)
医院からの眺め 2007.4.28(土)
医院窓ガラスに告知を貼らせていただいておりますが、電話番号の設置が遅れ、現在携帯電話にて対応させて頂いております。診療予約受付開始日には間に合わせますので、ご不便・ご迷惑おかけ致しますこと、ここに謹んでお詫び申し上げます。

診療のご予約の受付・お問い合わせは、5月10日(木)よりお受け致します。

内覧会を5月12日(土)、13日(日)に予定しておりますので、是非とも医院内をご覧頂ければ幸いに存じます。

本日は医院窓からの眺めを撮影させて頂きました。
当院は高洲橋の麓、東京ベイシティバス「高洲橋」停留所目の前に位置しております。

機器納入 2007.4.25(水)
昨日、念願の診療台がセットされました。
個室の仕切枠も入り、形が見えてきました。
院長は工事が着工されてから、時間の許す限り現場へ足を運び、「今日は○○していたよ」と工事の進捗状況をドキドキハラハラワクワクしながら見守る日々が続き、私個人としては「へ〜、そうなの・・・」くらいの返事しかしておりませんでしたが、私の性分でしょうか、目に形が見えてくると一気にワクワク度が盛り上がっております。
自分が選択した色のコントラストはイメージどおりに仕上がるのか、テストの結果を待つような気分です(取り返しがつきませんが(汗)) (坂田妻)
内装の打合せ 2007.4.23(月)
5月15日の開院へ向け、日々綿密な打合せ・準備に奔走する毎日です。
壁紙・床タイル・フローリングが貼られました。
写真は内装工事をお願いしている城東建創さんと院長が機械の取り付けの打合せをしている所です。これから診療台・作業台が入り、個室の仕切りにガラスを取り付け、最後に大理石を貼りつけます。日々進行する工事を見学するのがとても楽しみでもあり、また、気の引き締まる思いです。
ここのブログで仕上がりの進捗状況を随時アップして参ります。
今回建物が立ち、内装が施されてゆく一連の流れを見て非常に興味を覚えました。普段何気なく工事や建築現場を通り過ぎる私もこれから(邪魔にならないよう)足を止めて“職人さんの魔法の技術”を見学することが趣味になりそうです(笑)
世の中にはいろいろな分野のプロがいて、その集団が集まって一つの形を作っていくのだと改めて感じました。 (坂田妻)
医院のロゴマーク 2007.4.22(日)
治療の技術・知識に関しては自信のある院長ですが、起業のノウハウについては全くの素人であります。この開院に至るまで、数々の分野から多くの専門家のアドヴァイスとご協力なくしては叶えられぬものでした。
ここで、それぞれの分野ごと、ご協力頂いた方々に感謝の意味を込めて少しずつご紹介できればと思います。
今回は、医院のイメージ作りにおいて重要なポイントとなるロゴマーク・インターネット・パンフレット・看板等のデザインを頂いておりますPasciona(パッショーナ)代表、酒井さんです。
酒井さんはウェブデザイナーとして活躍されておりましたが、この春、晴れて独立されました。開業の時期を同じくする者としてよき同志であり、また頼れる社長さんです。聡明でありながら容姿端麗(写真でご披露できず惜しいっ)、非常に頼れる(頼りっぱなし?)存在です。
医院のシンボルとなるロゴマークを口頭のイメージで伝えた所、見事具象化していただき、この四つ葉マークに決定致しました。
酒井社長には、本ホームページのデザイン・管理の他、医院の広告をお願いしました。
一つの項目を決めるにあたり、数々のデザイン提案を考えなければなりません。本当にご苦労様です(涙)。。
今回の写真はタイムリーに仕上がった開業告知の折込広告・診察券のデザイン(案)です。
どれも素敵ですが、どのデザインに決定したかは、開院後のお楽しみとさせていただきます(^o^)。 (コメント:坂田妻)

←もどる

千葉県浦安市高洲1-10-25-1F(最寄駅:JR京葉線新浦安駅南口) TEL:047-382-4618

新浦安の歯科医院、医療法人社団坂田歯科医院