浦安でデジタルレントゲンを完備の、坂田歯科医院です

設備紹介

歯科用CT

歯科用CT

歯科用CT

レントゲンでは診断できない骨状態や神経管などの位置を正確に把握し、そのデータを元にした3次元的な診断で最適なインプラント計画を立案し、患者様にわかりやすく説明します。

 

衛生管理

ヨーロッパ基準クラスBの歯科用オートクレーブ iClave mini

滅菌パック治療で使用する器具で使い捨て出来ないものは、丁寧に洗浄し、最も厳しいとされるヨーロッパ基準のクラスB規格滅菌器によって世界最高レベルの滅菌を行っています。
さらにタービン(歯を削る器械)は専用の滅菌器で隅々まで洗浄・滅菌しています。また、滅菌された器具はその清潔な状態が保たれるよう、治療直前まで滅菌パックに入れ保管しています。

滅菌のクラス分け

歯科医院で使われる滅菌器は、その性能によって上から「クラスB」「クラスS」「クラスN」に分類されます。
クラスB規格は世界で最も厳しいとされるヨーロッパの滅菌基準です。
当院はクラスBの滅菌器を導入しており、世界最高水準の衛生環境で院内感染予防に努めています。

クラスB
滅菌前に、乾燥時に数回の真空状態を作り、あらゆる種類や形状の滅菌物を滅菌します。
クラスS
滅菌前の1回、真空状態を作り高圧蒸気滅菌します。
クラスN
一般的なの歯科医院で行われる滅菌方法です。蒸気と空気の違いを利用して缶体内の空気除去を行います。

口腔外バキューム 歯を削る際に発生する粉じんや水しぶきなどの浮遊物を強力に吸い取りますので、院内の空気を清潔な状態に保つことが可能です。

ディスポーザブル

様々な使い捨て器具(ディスポーザブル)を使用し、患者様が安心して治療を受けられるように衛生面にも充分に配慮しております。

マイクロスコープ(顕微鏡)new

マイクロスコープ(顕微鏡) マイクロスコープ(顕微鏡)

当院では、インプラント治療や根管治療などの際に、マイクロスコープを用いてより精密な診断・正確な治療を行っています。 詳しくはこちらから→

マイクロルーペ(拡大鏡)

マイクロルーペ(拡大鏡)
マイクロルーペ(拡大鏡) マイクロルーペ(拡大鏡)

当院では、カールツァイス社製のマイクロルーペを使用し、精度の高い治療を行っております。これにより、すべての過程で肉眼の約5倍の精度で治療することができます。1つ1つのこだわりが、結果として数十倍もの成果を生み出します。詳しくはこちらから→

モニター

大型モニター50インチ モニター

レントゲン等、撮影した画像はすぐに診療室のモニターでご覧頂けます。
また、お子様をお連れの患者様には、同室にてお子様に待機頂く間、DVDにてアニメをご覧になりながらお待ち頂けるようになっております。

位相差顕微鏡(リスク診断)new

位相差顕微鏡(リスク診断) むし歯や歯周病は、お口の中の細菌が原因で引き起こされますが、患者様ごとに、むし歯や歯周病の原因となる菌が異なります。
そこで、プラークや唾液を取り、数百種類以上あるお口の中の細菌の生息状態を、位相差顕微鏡で調べることで、原因菌にあった治療法やリスク管理ができるようになります。

口腔内専用カメラ

口腔内カメラ

審美的に、自然な歯の色・形を再現するため、歯の写真を撮影し、その情報をもとにクラウン(かぶせもの)を製作します。

ジロソニック

ジロソニック

歯の根を治療する器具です。超音波振動つきのファイル(針)を使用していますので、従来の手用のファイルよりも確実に根の中を清掃・無菌化できます。

ニッケルチタンファイルnew

ニッケルチタンファイル ニッケルチタンファイル

ニッケルチタンファイルを用いることで、従来の治療においては不可能であった、歯の根の尖端付近までの根管治療が可能となります。 またステンレス製のファイルに比べ、危険性が低いことも特徴の1つです。 詳しくはこちらから→

超音波洗浄装置new

超音波洗浄装置 超音波洗浄装置

当院では、薬液による化学的な洗浄に加え超音波振動つきのファイル(針)を使用して根管内洗浄を行っております。 詳しくはこちらから→

ウルトラフィル

ウルトラフィル

歯の根を治療する器具です。従来のものより、根の中に3次元的に確実にお薬を詰めることができます。

お支払いについて

当院では現金でのお支払いのほか、自由診療(1万円以上)の場合は、カードでもお支払いただけます。

ご利用いただけるカード



千葉県浦安市高洲1-22-16(最寄駅:JR京葉線新浦安駅南口) TEL:047-382-4618

新浦安の歯科医院、医療法人社団坂田歯科医院