浦安でインプラントを行う坂田歯科医院の難症例のご案内です

診療案内

インプラント

難症例への対応

歯科治療技術のめざましい発展により、従来では顎の骨量が不足しているためにインプラント治療ができなかった患者さんにも、骨移植術により可能になりました。
これまでインプラント治療ができないと思っておられた方、他院で骨がないためにできないと言われた方、当院ではいかなる難症例にも対応します。経験豊富な院長がきっとあらゆる患者さんの持たれる不安・悩みを解決致します。

症例1

術前
術前

歯肉が陥没しインプラントを支える骨が不足しています。インプラントを埋入しましたが、周りの骨が大きく欠損しています。

術後
術後

自家骨と人口骨をまぜたものを移植。審美的にも機能的にも回復しました。

術前→術後

症例2

術前
術前レントゲン写真からインプラントを支える骨の高さが1~2mm程度しかありません。これではインプラントを支えて十分な機能を与えることができません。

術前→術後

治療

顎堤の側方から骨に窓を開け、そこに下顎から採取した骨を移植します。

術前→術後

術後

術後

移植6ヵ月後;レントゲン写真からインプラントを支える十分な骨ができていることがわかります。

術後

新しくできた骨にインプラントを埋入し、しっかりと機能できるようになりました。

症例3

術前
術前インプラントを入れるには水平的にも垂直的にも大きく骨が欠損しています。

術前→術後

治療

欠損した部位に下顎から採取した骨を移植し、その上に移植した骨が動かないよう膜(メンブレン)をおいて固定します。

術前→術後

6ヵ月後

術後

水平的にも垂直的にも十分な骨ができています。ここにインプラントを埋入します。

このページの先頭へ

お支払いについて

当院では現金でのお支払いのほか、自由診療(1万円以上)の場合は、カードでもお支払いただけます。

ご利用いただけるカード



千葉県浦安市高洲1-22-16(最寄駅:JR京葉線新浦安駅南口) TEL:047-382-4618

新浦安の歯科医院、医療法人社団坂田歯科医院